トップページへ戻る

2009年05月29日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想12

GyaOで見てる三国志のドラマ。
ネタバレ感想。



第63集『火焼連営』……。

アホな上司を持つと部下は苦労する……みたいな感じですか。
臣下の忠告すら聞かなくなるとは。
皇帝の劉備はダメダメだね。

敵は大軍で遠征なんだから長期戦の構えは自然な気がするが
部下は「死など恐れない!」とか言って速戦即決で戦おうとする。
武将ってのはやっぱ脳味噌筋肉だよなぁ。死なれたら困るんだっつーに。戦闘民族か。


また赤壁以来の広範囲な撮影…。
あんな広い撮影場所があるなんて、中国大陸は広いですなぁ。
いつも火計の時は撮影気合入ってますね。


出た石兵八陣。八陣図。またの名を陸遜ホイホイ。
後に『呉に陸遜あり』と伝えられるほど
一匹陸遜見かけたらその陰には30匹もの陸遜が隠れていて
台所などに石兵八陣を仕掛けておくと翌日には陸遜がたくさんかかってます。
そうやって捕まえられた陸遜達は陸遜愛護団体が運営する陸遜保護センターに送られ、
放り投げられたボールを口でキャッチするなどの芸を教えられ
動物園の陸遜ショーでみんなを楽しませてくれます。





posted by 珪 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係

2009年05月28日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想11

GyaOで見てる三国志のドラマ。
ネタバレ感想。



61集〜62集…。

関羽亡き後の劉備さんは人が変わったように呉への恨みに燃え
皇帝の身でありながら私怨に走っておられる。

ところでこのドラマ、長い三国志演義のエピソードを省略するのはいいが
最低限ナレーションでもいいから説明しておかないと
後で不自然な感じになったりしないのだろうか。

前に関羽に救援をよこさなかった孟達・劉封コンビ。
諸葛亮が「捕らえしだい斬首だ」みたいな事言ってましたが
孟達は罰を恐れて魏に投降したはず。
説明あったっけ? 字幕だから気付かず見逃したのかも知れないが…。

というか劉封は主君劉備の養子なのに孔明に処刑出来る権限なんかないだろ…?
と思ったが前に赤壁の戦いで関羽にさえ処刑命令出してたな(形式上だが)。権限あるのか。
このあたり劉封にはすれ違いの悲しいエピソードがあるが省略されているみたいだ。

関羽の死に様はカッコイイ……。のだが。
張飛は武人にあるまじき最後。自業自得な気がする。
しかしせめて范彊・張達は張飛を殺さずに呉に逃げて欲しかったが…。
手土産なく投降したら呉に埋伏の計かと疑われる可能性があったので殺す必要があったんだろう。

悲報続く中五虎大将軍のひとり黄忠までもが。
ここらあたりは本当ウツになるっす。
でも武人としての誇りをもってるから
老衰や病死じゃなく戦死で死ねたのは本望なんだろうな。

しかしこのシーンに流れている曲、何度かこれまでも流れたが
いつ聴いてもいい曲だな。オープニング曲のアレンジ。





posted by 珪 at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係

2009年05月27日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想10



GyaOで見てる三国志のドラマ。
ネタバレ感想。




曹操は聡明な人間なんですが、権力を手にしてから驕る感じもあったんで
自分で寿命を縮めてしまいましたかねぇ。

治療しに来た華佗を殺すし。
まぁたしかに、頭の手術は怖いですけど。
カダカダ文句言ってないで覚悟を決めろ!
……いや、なんでもないです。

三国志演義前半の主人公格であり三国志一番の大物人物だったんじゃないかと思う曹操。
しんみりした死の間際のシーン……。
なのに手つきが乳揉みに見えてしまい台無し。自分駄目すぎる。

そして四百年続いた漢王朝の滅亡。三国時代の到来。

曹操亡き後さっそく世継ぎのお家騒動。
この際危険分子は排除しておけって感じで曹植が殺されそうになるんですが。
またなんか不思議な踊りを披露してくれました……。
前も『一合酥』の場面で謎の舞を舞っていたが……なんだか精気吸い取られそうです。
しかもあの詩を歌にしますか。
─…豆を煮るに豆がら燃やし、豆は釜の中にありて泣く…─
豆に含まれる豊富なイソフラボン。納豆、冷やっこ、湯豆腐……。
脳裏をよぎる様々な豆料理に私もつい目頭が熱くなりました。





posted by 珪 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係