トップページへ戻る

2009年06月14日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想21

GyaOで見てる三国志のドラマ。
ネタバレ感想。




第78集『詐病賺曹爽』から第81集『司馬昭式君』あたり。

あれ…曹叡かなり顔変わって…。
権力争い怖っ…。三国志序盤もこういった権力争いの描写多かったな。
あれは漢王朝の衰退。今回は三国。
知恵袋の人、頭いいのに主人に恵まれなかったんすね。
魏での司馬一族の台頭。
あの拗ねたりなんだりしてた子供っぽかった司馬昭、貫禄ついたなぁ。
司馬懿はやはり偉大でした。

孫権の最後は描写無しとは。
オープニングにも出てるくらいの主要人物だと言うのに。

丁奉…雪降る中でまっぱ…役者さん大変そうですね。
丁奉さん活躍しております。
しかしまぁなんですねぇ。幼い皇帝だとどうしても本人が権力を掌握できないから臣下の権力争いが起きてしまいますね。


魏はコロコロ皇帝代わりますね。
えーっと。曹操が魏王で…最初の皇帝が曹丕。
曹丕→曹叡→曹芳→曹髦→曹奐

いやもう…曹○って人物多すぎて覚えられません。

司馬兄弟にいいようにされ力を持てない曹芳、漢の献帝を見ているようです。
曹操が漢の皇帝にした事を曹操の子孫が司馬一族にされている……。
歴史は繰り返す。こうして王朝が衰退していくんですね。

三国志に出てくる女性はなんかいつもカッコイイな…なんとなく…。


姜維の北伐。長く苦しい戦いの始まり。
姜維はさすがに有能だなぁ。文武両道だ。





posted by 珪 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係

2009年06月13日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想20

GyaOで見てる三国志のドラマ。
ネタバレ感想。




第77集『秋風五丈原』まで見て敗因はなんだろうと素人なりに考えてみたっす。
ってまだ蜀滅んでないけど。

蜀って途中までは上り調子だったけど関羽の死から歯車が狂いはじめた印象。
正確には、荊州が落ちてから。
荊州を失ったのは痛かったっぽい。
蜀と魏じゃ国力差がかなり激しいんですよね。荊州があればまだマシだったろうに。
あれから転落の一途でしたね。


北伐時の孔明の年はおそらく大体40代末から54歳だが、なんだか60歳過ぎた老人に見える。
白髪が多いのもその要因だが、役者さんの動き(演技)が老人然としてるんだな。多分そのせい。
四輪車に乗る孔明が『介護されてるおじいちゃん』に見えて仕方がなかった。

どうでもいいけど孔明って呉での舌戦とか王朗とか人を罵倒してる時が一番生き生きしてるように見えます。


さて、次からは三分帰一。
英雄達が命を賭して割拠した国の成り行きを見届けたい気分。





posted by 珪 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係

2009年06月11日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想19

GyaOで見てる三国志のドラマ。
ネタバレ感想。




ミニチュア木牛流馬作ったらどうだろう。小さくて一見木製なのに自動歩行で超ハイテク。
これは三国志ファンに売れ………ない気がします。

第76集『火焼上方谷』から第77集『秋風五丈原』の感想。

なんだか、北伐あたりの孔明って痩せてきた…気がするのだが気のせいか?
そういうメイクだろうか。それとも役者さん(唐国強氏)が役作りのために体重減らしたのか?

上方谷。
あの孔明の天気予報が外れた!?
地形と天候は見えざる兵とかなんとか(うろ覚え)魯粛に語っていた孔明が。
今まで天候予想は外した事なかったのに。

…と思ってたんですが、最近テレビで知った。
局地的豪雨は現代の気象庁のハイテクをもってしても予測し辛いものなのだそうだ。
なるほど、それで孔明でも分からなかったのか。

事を謀るは人にあり、事を成すは天にあり。
……天意ですね。


女の服で司馬懿を挑発するも元々女装趣味のある司馬懿にはきかず……。
すみません。司馬懿さん女装趣味無いです。仲達舐めんな。


棒刑20以上は全部孔明自分で裁断……。寝る時間も食も満足に取れない(取らない?)…。
駄目だこりゃ。自滅してるようなもんだ。
心の余裕も全然無いし、劉備が生きていた頃の孔明とは別人のようだ。

延命祈祷も失敗。天運は完全に孔明のもとを離れた。これも天意です。
三顧の礼あたりで孔明の友人、崔州平が言っていた「天命は人の力ではどうにも出来ない」。
人の行いが無意味とは思わんがある意味真理でもあったな。

漢朝再興の夢を見るシーンに孔明の忠節心の強さが現れてます。

諸葛亮病没。
主要人物ずいぶん減ったな…。あとは仲達と、姜維か。


キツイ事書くが、
魏延は自分の身の振り方とか立場を分かってないというか。
兵馬の権を手に入れて魏を討つつもりでいたらしいが世の中熱意だけじゃ駄目だ。
楊儀のひっかけ方も下手だと思うがあんなのに簡単にひっかかるようじゃ兵馬の権があっても司馬懿にあっさり討ち取られてたんじゃないですか。
仲達舐めんな。


諸葛亮の葬式なんだか凄い迫力だな、紙吹雪が。
劉禅の顔になんか笑ってしまった。すみません。


まだまだ語りたい事があるので長くなるが次回に続くよ。
ああ全然語り足りないさ。





posted by 珪 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係