トップページへ戻る

2009年08月31日

【ドラゴンクエスト9 星空の守り人】プレイ感想まとめ

ドラクエIX・星空の守り人。本編クリア。
クリアタイムは57時間。クリアの称号はモンスターバスター。

クリア後もいくらかプレイ。まだプレイ中です。


いや〜、いいっすね、ドラクエ9。DSという事もあって不安もあったが。
思っていたよりグラフィックも綺麗だし、もっとボリューム少ないものと思っていた。
ドラクエ9やるまでPRGの面白さを忘れていたが、ドラクエ9がそれを思い出させてくれた。

レベルを上げて、仲間を育てて、強大な敵を倒す。
これがやたら楽しい。
最近のRPGはストーリーとムービー重視みたいだが、ドラクエ9はRPGのゲームとしての楽しさを思い出させてくれた。

ドラクエ9は本編が短いから、ストーリー重視・ムービーや美しいグラフィック重視の人にはもの足りなく感じるかもしれない。
ゲームとしてのRPGが好き、やりこみが好きな人にはおすすめだ。
あと、ナンバリングタイトルなんだが
本編が短くオマケ要素が多かったり、過去のボスや曲やキャラの衣装など、まるでナンバリングタイトルとは思えないような外伝っぽさがある。



■良いと思った点


本編中ダンジョンの短さ。ダレる前に終わるのでサクサク進める。


転職システムをそれまでのシリーズから変えて、転職で呪文を継承出来なくなった事。
呪文を引き継げたら魔法職は呪文さえ覚えたらもう用無し、HPの高い職にさっさと乗り換えるけど、引き継げないと魔法職の重要度が増すというもの。


クエストでNPCのちょっとしたエピソードを楽しめる。


宝の地図。
ラスボスを倒した後もなお、歯応えのある強敵がザクザク出てくる。


キャラメイク、着せ替え。
主人公や仲間キャラを自分の好みに作れる。ただ、キャラメイクはもう少し選択肢が多い方が良かった。容量の問題もあるのかも知れないが。


すれ違い通信で同じドラクエユーザーと気軽にコミュニケーションがとれる。
マルチプレイも。



■悪いと思った点


セーブデータが一個。これは少ない。


本編ストーリーがあっさり。
テンポの良さはいいが、あまりにもあっさりしすぎる。光るものはあるんだからもう少しじっくり描いて欲しかった。もったいない。


退屈なクエスト。
『通常攻撃のかいしんでゴーレムを10匹倒せ』とか、工夫を凝らす余地が無い上にやたら倒す数が多くて運が悪いとやたら長時間の単調作業になってしまうクエストはいただけない。
せめて倒す数がもっと少なかったらいいのに。
あと、ラボルチュの人形クエストバグは擁護のしようもありません。バグって恐いですね。


ラスボスが悲劇系。
あくまで個人的な好みですが…。ドラクエのラスボスは不幸キャラより、恐るべき巨悪の魔王の方が燃える。



■その他感想

クリア後、レベル上げした後の三回目のバラモス戦(Lv1)挑戦で死にかけたパーティをパラディンの必殺ガードにおうだちが颯爽と救って
パラディンが無茶苦茶役立ちまくってビックリ。パラディン凄っ。スキルの特技だけ見て「パラディンは地雷職だな」と思ってた自分を許して下さい。
博愛スキル役立つし…。

そして討伐モンスターリスト見るのもまた楽しい。『みやぶる』を使ったら更に楽しい。
そして、みやぶる後のブラッドアーゴンの説明に驚愕…。なんだか知ってはいけない事を知ってしまった気持ちになった。
アクションも見れるし。じごくのメンドーサやビュアールタイプの敵が出現する時の様子がリストだとよく分かる。あの「よっこいしょっと」的な感じが好きだ。




2009年08月28日

【ドラゴンクエスト9 星空の守り人】プレイ日記43・クリア後の世界

ドラクエ9プレイ日記と感想。
クリア後、世界を見てまわる。


【メンバー:名前:職業:レベル】
主人公:ヴェトル:バトルマスター:42
仲間1:フレイヤ:僧侶:40
仲間2:ヒルド:魔法使い:40
仲間3:ツーロン:武闘家:43


新作でストーリーネタバレはまずいかもしれないので
読みたい人だけ【ドラクエ9プレイ日記の続きを読む】で。



【ドラクエ9プレイ日記の続きを読む】


2009年08月27日

【ドラゴンクエスト9 星空の守り人】プレイ日記42・クリア後のツォの浜

ドラクエ9プレイ日記と感想。
クリア後、ツォの浜へ。クエストとイベント。


【メンバー:名前:職業:レベル】
主人公:ヴェトル:バトルマスター:42
仲間1:フレイヤ:僧侶:40
仲間2:ヒルド:魔法使い:40
仲間3:ツーロン:武闘家:43


新作でストーリーネタバレはまずいかもしれないので
読みたい人だけ【ドラクエ9プレイ日記の続きを読む】で。



【ドラクエ9プレイ日記の続きを読む】