トップページへ戻る

2009年06月04日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想15

GyaOで見てる三国志のドラマ。
ネタバレ感想。




出師の表。出陣の際の奏上文。三国志の中では有名な文書です。
まず字の上手さにビビりました。

布衣(平民)とか駆馳(奔走)とか夙夜(朝晩)とか
普段使わない言葉がたくさん出てきて困りましたが
普通の言葉になおしたら大体こんな感じ……?


--------------------

チーッス。臣下の諸葛亮っす。
先帝がんばってたのに亡くなっちゃったっすよー。
国が三つに分かれちゃってウチの蜀とかかなりヤバイんじゃねーのってカンジでぇー。

(中略)

最初の漢王朝がチョーシ良かったのってぇ、頭のイイ子をダチにして頭ワルイ子をハミってたからだと思うんすよぉー。
でぇー、最後とかショボーンってなっちゃったのはぁ、頭ワルイ子をトモダチにしちゃってイイ子を仲間はずれにしたからなんすよねー。

(中略)

俺さぁー元は平民じゃないっすかぁ、百姓とかやってたんでー。
なんかヤバイ世の中だったじゃないっすかぁ、生き延びるコトしか考えてなくてぇー、
出世とかさぁー全然考えてもなかったんすよぉ。

先帝ってさぁ、俺の身分の低さとか全然気にしてなかったみたいでぇ
こう…謙虚なカンジで? 三回も俺の居る草廬に来てくれてぇ、
俺にこの世の中どーすりゃいいーの、って聞いたんすよ。

俺ちょ〜〜感激しちゃってぇ。
よーしガンバるぜ! って気合入っちゃってぇー。
当陽とか長坂とかで負けて逃げたりその後呉に行って、ねー曹操に降伏とかヤメテくれるぅー?とか言って孫権説得したりいろいろあったっす。
あれからもう21年も経ったっんすよー。

先帝は俺がチョーシとかのらないタイプって分かってくれてたからぁ、
亡くなる時とか蜀の国のコトとか陛下の手伝いとかいろいろよろしくねって言ってたんすよー。
で、まーそれでぇ、怠けたりして先帝の評判とか落としたら悪いしぃーって思ってガンバってたんっすー。
だからぁ、五月に濾水渡って南蛮に行って、で、もう南蛮とは仲良くなったんで、もうウチのみんなも元気だしー、
今が北の魏をやっつける絶好のチャンス!ってカンジでぇー。

俺あんま頭良くないっすけどーガンバって悪い奴らをちょーブッチめしてぇー
漢王朝を復活させて旧都に戻るっす。
だって先帝に恩返ししなきゃだしぃー、陛下の臣下としても義務?ってカンジでぇー。

(ちょっと中略)

でぇーおねがいなんすけどぉー。悪い奴やっつけて漢室復活する役目、俺に任せて下さいっす。
もし俺が役に立たなかったらもー、俺ボッコボコにして先帝にチクッて下さいってカンジっすよー。

(ちょっと中略)

陛下も自分でよく考えて、臣下の人とよく相談して、いい事とか悪い事とかちゃんと聞き分けて、
先帝のやろうとした事をちゃんと頑張って下さいっすねー。

(中略)

俺、恩を受けてちょー感激しちゃってるからぁ、なんかセンチなメンタル?って言うかぁ。
遠征しようって事でこれ書いてるんすけどぉ、
あ、やっべなんか涙出てきた……。どうしよう…なんかもう…書けないっす……。

--------------------


おわり。
長い……。
でも原文はもっと長い。ドラマでは少し省略している。





posted by 珪 at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29594486
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック