トップページへ戻る

2009年06月20日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想22

GyaOで見ていた三国志のドラマ。
ネタバレ感想。



自分パンダ飼う事があったらソウソウって名付けようと思ってるんですよ。
同じ発音二回繰り返す名前ってパンダのイメージなので。
…それはまぁ置いといて。
大体第81集『司馬昭式君』〜最終回までの感想。

漢中落ちた…。
ここ蜀のみんな頑張ってとったよなぁ…。馬と武器を捨てる計の所。曹操の前歯折った所(笑)。
あの時の劉備はカッコ良かったな。
とった時の事思い出した。

鍾会都合のいい幻聴聞いてんじゃねぇーよ。

関平、関興、張苞、諸葛瞻、子世代もみんな立派だというのに
劉禅ときたら。
悪人ではないんだが……。

ケ艾も頑張ったんだなぁ。
それにしてもあの崖あんな勢いよく降り(というか転がり落ち)なくてももう少しゆっくり降りた方が良かったんじゃ…。


いやぁ、それにしても。なんともはや。
姜維の執念はすさまじいものがあると思います。
228年に蜀に降って、253年が北伐開始で蜀滅亡が263年。20年近く北伐してます。
蜀滅亡後も、姜維は諦めるという事を知らないのか。
凄い……壮絶だ。
元魏将なのにどうしてそこまでするんだろう。

蜀が滅び、司馬炎が曹一族にとってかわって魏が滅び、呉も討たれ、
こうして英雄達が築き上げた三国の時代は終わった。
最後にオープニングの曲が流れるわけですが、
この曲の詩は本当いいねぇ。三国志の魅力が集約されてると思うよ。
映像は長江か、長江のイメージの河だろうか。夕日に照らされてとても美しい。いいエンディング。

次感想まとめに続く。





posted by 珪 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29943340
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック