トップページへ戻る

2014年02月05日

神戸南京町の春節祭に行ってきました


神戸南京町


神戸南京町の春節祭に行ってきた。
春節祭は毎年旧正月に行われている祭りで、ステージで獅子舞、歌、変臉などなど、いろいろな催しものをやっていたよ。

しかし、ステージには凄い人だかりが出来ていて、まともに見えない。狭い場所なので仕方が無い。有料ではないのでわがままも言えないしね。
そんなわけで、見れる範囲でだけでも見てきたよ。

中国雑技団による変臉(へんれん)…一瞬のうちに顔のお面を変える芸というものがあるってのは聞いていたが、生で見るのはこれがはじめてだった。
本当に顔が一瞬で変わって感動。ついでに炎も吐いていた…。
顔が変わるたびに会場で「おお〜」と軽くどよめきが起こっていた。

それにしても変臉のBGM。広くよく使われているものらしいが妙に頭に残る曲だ。今にも戦いだしそうな曲。
変臉を見た事無い方で興味あるという方がおられたら、YouTubeで検索してみると南京町を含めいろんなステージの変臉の映像があるので見てみるといいだろう。

獅子舞も見たっす。
獅子舞が南京町の各店舗に一軒ずつ入っていっていた。そこでもまた凄い人だかり。


獅子舞


獅子舞って動いているのを見るととても可愛いやね。




ついでに新長田町にも寄って、例の鉄人28号を見てきた。

実は鉄人28号の巨大像が建ったと知った時は誰が喜ぶんだろうと思っていたのだが、いざ実物を見てみると…腰を抜かしそうなほどかっこいい……!

でっかぁぁぁぁ!
少なくとも私は喜んでしまった。
出来もいいし、ポージングがまたやたらかっこいいんだ。


鉄人28号


残念ながら夕方だったので写真がちょっと暗くなってしまった。




posted by 珪 at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月01日

近所の公園に桜が咲いていましたよ。

今日、近くの公園に行ったら、見事な桜が咲いていました。
何も無い、だだっ広いだけの公園に数本の桜が植わっているだけなのに、桜の花は本当に美しく、神秘的でした。
その神秘的な桜を見ていたらなんだか不思議な気持になって、しばらく眺めていたんですが、そしたら後ろから突然声をかけられたんです。
後ろを振り向くと、そこにもいつも公園にいる真っ白な猫が一匹いるだけでした。

あれ? おかしいな? と思って見回してみたんですが、ほかには誰も居ないんです。
空耳かな、と思ってもう気にしないことにして、いつも見る猫をなでようとしゃがんだら…。

「キョロキョロしなくていい。私だよ」

って白猫がしゃべったんです……。
耳を疑いました。ありえない事が起きたんですから。

「驚いた顔をしているね。人間は何も知らないから」

驚きのあまり固まってしまっている私をよそに、白猫は言葉を続けます。

「猫はしゃべれないと思っていたんだろ? そんなの人間の勝手な思い込み。猫はみんな言葉を話せるよ。でも人間の前ではそうしないだけ」

「どうして?」

「人間との交流は人間社会の規則に縛られてしまう事を意味する。私たちは自由でいたいんだ。だから人間とは一歩下がって付き合っているのさ」

「よく分からないんですが」

「今日、君に話しかけたのはこの桜のことだ。君はこの桜に興味があるようだったから。この桜はずっと昔からここに居て、毎年ここで花を咲かせているんだ。だけど最近はこのあたりからどんどん公園がなくなっていっているだろう」

「ああ、都市計画の一環だそうですよ」

「公園が消えると共にそこに植えられていた桜の木も抜かれている」

「まあ、そうですね」

「この桜が好きなら、この公園は守ってあげてくれ」

「そんな事言ったって、私には…」

「他の人間にも伝えてくれ、この桜は……にゃあ」

「あれ? 白猫さん? もしもし?」

「にゃー」

白猫はトトッと走っていってしまい、私は一人取り残されました……ポツンと。

それからは普通に家に帰ってきて、何事もなかったんですけど、公園での出来事が忘れられないんです。あれはなんだったんでしょう。
ボーッと桜を眺めているうちに私が気づかない間に眠っていて、夢でも見てしまったのか、なんなのか、今でもよく分かりません。
不思議なエイプリルフールの日の出来事でした。


posted by 珪 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月17日

鶏胸肉でいきあたりばったり料理

なんとなく鶏の胸肉を買ってきて、なんとなく焼いて食そうと思ったのだが、どうすればおいしく出来るのか分からない。
とりあえずレシピも何も無く、テキトーに作ってみた。
味は全然期待していなかったのだが、食べてみると予想以上にうまかった。

鶏胸肉の手抜きチーズ焼き

とりあえず、鶏胸肉を適当な大きさに切って、
塩、胡椒、にんにく(粉)をふりかけて下味を付け、
鶏肉に小麦粉をまぶして、
フライパンにオリーブオイルをちょっと垂らして鶏肉を両面焼き、
火が通ったら鶏肉をアルミホイルに乗せてその上にピザ用チーズをふりかけ、
オーブントースターでチーズが溶けるまで加熱。
…で、終了。

茹でて潰したじゃがいもに塩、胡椒、バターを入れてまぜまぜ。
牛乳を入れよう…と思ったんだが買い忘れていたのでスジャータを入れた。良い子ば真似しないように。
で、マッシュポテト。のつもり。

ブロッコリーはラップして電子レンジで二分ほどチンしただけ。


いやぁ、胸肉でも旨いもんっすね。
にんにくは粉だし全然手がかかってない手抜き料理だけど、安いわりにいい感じでした。

…しかし料理の腕はというと。
実は最初フライパンで焼く時、「皮から鶏油出るから油入れなくていっか〜」と思ってそのまま焼いてたら思いっきりコゲでしまった。幸い味にそんな影響でるほどではなかったが。こういうところやっぱ料理下手な人って感じがするっす。


マッシュポテトは大量に作ったので、翌日グラタン皿にマッシュポテトを入れてその上からピザ用チーズをかけてトースターで焼いて食べたのだが、これも旨かったっす。
オーブンがあればオーブンの方がいいんだろうけど。



posted by 珪 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記