トップページへ戻る

2009年06月05日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想16

GyaOで見てる三国志のドラマ。
ネタバレ感想。




68集。『出師北伐』
離間の計にかかる魏の宮史。そんなのにひっかかるなよ。
なにか裏があったのかも。司馬懿が宮中で人心を得て無かった? 曹操の頃から使えていたのに。

蜀は蜀で皇帝たる劉禅が…。
もうすでに佞臣がくっついてるような。


五虎大将軍が残りひとりに…。
北伐に連れて行けとせがむ趙雲。
趙雲が黄忠と同じ発言をするようになった。
趙雲は自分が漢中攻略中に黄忠と厳顔が葭萌関に派遣された時「老将を送るなんて」って言ってたのを覚えていますか。

黄忠の時も書いた気がするが、趙雲も病死とかの戦死以外の死を恐れていたんじゃないだろうか。
根っからの武人だから。


第69集『収姜維』
姜維来たっ。
文武両道。しかもイケメン。なにもかも完璧なんて許せません。
奥さんがブスとかなにかないと駄目です。

策を逆利用され奇襲を受けて戦場から逃げる時にも羽扇を忘れない孔明。

魏将なのに後継者に欲しがる諸葛亮。蜀にはそんなに人材無いですか。
将を射んと欲するならまず馬を射よ。
徐庶の時と同じく親孝行者を落とすにはまず母親懐柔から。

王朗に言いたい放題ボロクソ言う孔明さん。
こういう時の孔明さんは本当に楽しそうですね。
さすが赤壁の戦いで曹操から10万本の矢を頂いて帰る時にわざわざ兵士に「丞相矢をありがとうー」と叫ばせるようなお方です。
性格がよく分かりますね。


第70集『司馬復出』
孟達…俳優変えるのはいいがせめてもうちょっとタイプの似た人にすればいいのに。
でも頭の中身は相変わらずの孟達でした。

冷遇されているのにも関わらず忠節を尽くそうとする司馬懿は素晴らしき忠義の人。
司馬昭が子供っぽくて他と浮いてて妙に面白い。皇帝の曹叡を「小僧」呼ばわりするし。
司馬懿の言う事は正論なのだが、離間の計で官職剥ぎ取られた人に処世術を語られても説得力無いだろうな。

どうでもいいけど、見るたびに思うんだが
このドラマってやたらみんなミカン喰ってるよなぁ。
妙にミカン率高い気がするが…。そんなにみんなミカン大好きか。

そして街亭…馬謖。有名な例のアレですか。





posted by 珪 at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係

2009年06月04日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想15

GyaOで見てる三国志のドラマ。
ネタバレ感想。




出師の表。出陣の際の奏上文。三国志の中では有名な文書です。
まず字の上手さにビビりました。

布衣(平民)とか駆馳(奔走)とか夙夜(朝晩)とか
普段使わない言葉がたくさん出てきて困りましたが
普通の言葉になおしたら大体こんな感じ……?


--------------------

チーッス。臣下の諸葛亮っす。
先帝がんばってたのに亡くなっちゃったっすよー。
国が三つに分かれちゃってウチの蜀とかかなりヤバイんじゃねーのってカンジでぇー。

(中略)

最初の漢王朝がチョーシ良かったのってぇ、頭のイイ子をダチにして頭ワルイ子をハミってたからだと思うんすよぉー。
でぇー、最後とかショボーンってなっちゃったのはぁ、頭ワルイ子をトモダチにしちゃってイイ子を仲間はずれにしたからなんすよねー。

(中略)

俺さぁー元は平民じゃないっすかぁ、百姓とかやってたんでー。
なんかヤバイ世の中だったじゃないっすかぁ、生き延びるコトしか考えてなくてぇー、
出世とかさぁー全然考えてもなかったんすよぉ。

先帝ってさぁ、俺の身分の低さとか全然気にしてなかったみたいでぇ
こう…謙虚なカンジで? 三回も俺の居る草廬に来てくれてぇ、
俺にこの世の中どーすりゃいいーの、って聞いたんすよ。

俺ちょ〜〜感激しちゃってぇ。
よーしガンバるぜ! って気合入っちゃってぇー。
当陽とか長坂とかで負けて逃げたりその後呉に行って、ねー曹操に降伏とかヤメテくれるぅー?とか言って孫権説得したりいろいろあったっす。
あれからもう21年も経ったっんすよー。

先帝は俺がチョーシとかのらないタイプって分かってくれてたからぁ、
亡くなる時とか蜀の国のコトとか陛下の手伝いとかいろいろよろしくねって言ってたんすよー。
で、まーそれでぇ、怠けたりして先帝の評判とか落としたら悪いしぃーって思ってガンバってたんっすー。
だからぁ、五月に濾水渡って南蛮に行って、で、もう南蛮とは仲良くなったんで、もうウチのみんなも元気だしー、
今が北の魏をやっつける絶好のチャンス!ってカンジでぇー。

俺あんま頭良くないっすけどーガンバって悪い奴らをちょーブッチめしてぇー
漢王朝を復活させて旧都に戻るっす。
だって先帝に恩返ししなきゃだしぃー、陛下の臣下としても義務?ってカンジでぇー。

(ちょっと中略)

でぇーおねがいなんすけどぉー。悪い奴やっつけて漢室復活する役目、俺に任せて下さいっす。
もし俺が役に立たなかったらもー、俺ボッコボコにして先帝にチクッて下さいってカンジっすよー。

(ちょっと中略)

陛下も自分でよく考えて、臣下の人とよく相談して、いい事とか悪い事とかちゃんと聞き分けて、
先帝のやろうとした事をちゃんと頑張って下さいっすねー。

(中略)

俺、恩を受けてちょー感激しちゃってるからぁ、なんかセンチなメンタル?って言うかぁ。
遠征しようって事でこれ書いてるんすけどぉ、
あ、やっべなんか涙出てきた……。どうしよう…なんかもう…書けないっす……。

--------------------


おわり。
長い……。
でも原文はもっと長い。ドラマでは少し省略している。





posted by 珪 at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係

2009年06月03日

中国中央電視台ドラマ三国演義(三国志)の感想14

GyaOで見てる三国志のドラマ。
ネタバレ感想。




南蛮行。
ここ数話暗い話が続きましたがこの南蛮はいつもの三国志……じゃない?
南蛮は三国志演義の作者がやりたい放題やってます。
濃い……凄く濃い……。いろいろと。


っていうか趙雲。時の流れが周囲と違わなくないか。
どれだけ急激に老けるんだか。
ただまぁ、最初と二番目の役者さんが若すぎたんだろうと思う。


南蛮の地は異界の地でした…。
昼渡ったら死ぬ川とか毒の泉とか……。
象に乗って猛獣を操る将とか
火や煙を吐くやたら怪しい木像猛獣兵器とか……あ、これは蜀軍だったか。

というか…前々から思ってたが孔明って目立つの大好きだろ?

孟獲、何度も捕まって諸葛亮に「裏切りや詭計で捕まったんだから負けではない。ノーカウントだ!」って言っときながら
蜀軍が毒で自滅したり他の洞主や国王に他力本願で勝つのはいいのか? 非常に嬉しそうにしていたが。

来た祝融夫人。待ってました。
男臭い中でこんなセクシーダイナマイツ見せられたらショッキングピンク。
三国志演義に出てくる女性は気が強いのが多いですね。
肌露出してるから縄が痛々しかった。


南蛮は出てくる人物出てくる人物みんな濃いのばっかりなんですが、
最後もやっぱり濃い。
烏戈国王、兀突骨ですか。まずこの名前が。ごつとつこつ。凄いセンスだ。

・特殊アイテム
【藤甲のよろい】
物理防御力:+100
水属性防御力:+50
火属性防御力:-100

みたいな感じの鎧。ほんと作者いろいろ考えるなぁ…。


波風が立って渡れない濾水は
赤壁の戦いの時みたいにまた諸葛亮さんがあの暗黒舞踏で
今吹いてる風と逆方向の風を拭かせて相殺したらいいんじゃないですか。
大人の事情で出来ませんか……。


最後のお祭り騒ぎのシーンはオープニングで使われていたシーンですね。
次はとうとう北伐か。





posted by 珪 at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志関係